経営課題解決セミナーを開催 今秋、東京で―日本公庫


日本政策金融公庫は、飲食業、理美容業、宿泊業など国民の日常生活に密接に関係する生活衛生関係の18業種を営む事業者を対象に、今秋、東京で「経営課題解決セミナー」を開催する。

取り上げる経営課題は(1)人材採用・育成(2)行動観察による生産性向上(3)インバウンド対応(訪日外国人集客)の3つ。それぞれの課題について専門家が講演したうえで、実践的なワークショップを行う。日本公庫は、事業者が解決に向けて自ら考え、初めの第一歩を踏み出すことを支援したい、としている。

開催日時は(1)が10月21日(定員60人)、(2)が11月18日(同100人)、(3)が11月26日(同70人)。いずれも時間は午後2時~午後5時。会場は日本公庫本店(千代田区大手町)。参加費は無料。講師は(1)が岡本文宏、(2)が越野孝史、(3)が井上朋子の各氏。(1)では「できる人材を採用するシンプルな方法」と「人が辞めない職場の作り方」が講演のテーマ。グループワークでは求人広告の作り方とコミュニケーションの質を上げる方法を体得してもらう。(2)は「行動観察とは」と「行動観察を用いた改善事例」が講演のテーマ。ワークショップでは日常的な行動に関する映像を見、どのような気づきが得られるかを実践する。

■参考:日本政策金融公庫|生活衛生関係営業者向けに経営課題解決セミナーを初開催|

https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_150918b.pdf