医療法人が行う単独新設分割 事前照会で適格判定-国税庁

国税庁はこのほど、医療法人についての事前照会に対して以下の回答を行った。 続きを読む

予算編成等に関する建議 「成果志向の支出」徹底を強調

財務省広報誌「ファイナンス1月号」では、財政制度等審議会・財政制度分科会が取りまとめた「令和5年度予算の編成等に関する建議」について、財務総論の中のポイントとなる点を紹介している。 続きを読む

過去最多の外国人労働者 コロナ水際対策緩和で増加傾向

厚生労働省の発表によると、令和4年10月末現在における外国人労働者は約182万人となったことが明らかとなった。 続きを読む

旅行者お薦め提案、連携対応を 観光DX推進へ検討会中間報告

観光庁は、観光業・観光地におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向けて設置した「観光DX推進のあり方に関する検討会」の中間取りまとめ結果を公表した。 続きを読む

R5年度税制改正資産税(2) 生前贈与の相続加算期間延長等

暦年課税でも資産移転の時期に対する中立性を高める観点から、相続開始前の暦年課税贈与における、相続財産に加算する生前贈与の期間が7年へと延長される。延長した4年間に受けた贈与については、過去に受けた贈与の記録や管理の事務負担を軽減するため、計100万円までは加算しない。令和6年1月1以後の贈与から適用。加算期間は令和9年1月以後に順次延長され、7年となるのは令和13年1月以後。 続きを読む

サステナビリティ開示基準 SSBJが開発を決定

サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は1月18日、国際サステナビリティ基準審議会のS1基準(サステナビリティ関連財務情報の開示に関する全般的要求事項)及びS2基準(気候関連開示)を踏まえた日本基準を開発することを決定した。 続きを読む

不動産担保に頼らない融資 「事業成長担保権」制度創設へ

金融審議会「事業性に着目した融資実務を支える制度のあり方等に関するワーキング・グループ」は新たな担保制度として「事業成長担保権(仮)」制度の概要を報告案としてまとめた。

続きを読む

パチンコホール倒産、昨年急増 コロナ禍で過去10年で最多

東京商工リサーチは「2022年のパチンコホールの倒産状況」を調査、その結果を発表した。 続きを読む

Weeklyコラム 商売は試行錯誤

商売を長年している人に経験談を伺うと、必ず浮き沈みの苦労話が出る。企画したアイデアがお客に受け入れられなかったり、商品の開発や製造が首尾良く行かなかったり等、自己の責任で失敗する事もある。

続きを読む

死亡退社に伴う持分払戻請求権 出資を超える部分はみなし配当

本件事例は、原処分庁が合資会社の無限責任社員が死亡退社したことに伴い発生した持分払戻請求権の価額のうち、当該社員の出資額を超える金額は当該社員への配当とみなされるとして、所得税等の更正処分等を行ったことに対し、当該社員の相続人である審査請求人が、上記持分払戻請求権に係る金銭等の交付はなく、配当とみなされる金額はないとして、原処分の取消しを求めた事案。 続きを読む