下請けは全国に3万8663社 トヨタグループの企業調査


帝国データバンクは「2019年のトヨタ自動車グループ下請け企業調査」結果を発表した。

それによると、トヨタグループ(デンソーなど主要関連会社・子会社計16社)の下請け企業は全国に3万8663社あることが明らかになった。このうち、一次下請け企業は6091社、間接的に取引を有する二次下請け企業は3万2572社だった。各都道府県の下請け企業数は、生産拠点が集積する愛知県が7211社で最も多く、全体の約2割を占めている。以下、東京都(6994社)、大阪府(4958社)、神奈川県(2115社)と続き、総じて大都市圏に多く存在する。

業種別に見ると、一次下請けでは「受託開発ソフトウエア」が267社でトップ。14年の調査開始以降で初めて「自動車部分品・付属品製造」(259社)を上回るとともに、一次下請けとしては初めて「非製造業」が企業数で最多となった。二次下請けでは、「受託開発ソフトウエア」が1340社で最多。以下「電気機械器具卸売」(1166社)、「金型・同部分品・付属品製造」(934社)が続いている。売上高規模別では。全体では「1億~10億円未満」が2万1107社で最も多く、「10億~100憶円未満」(9753社)、「1億円未満」(6432社)などの順。

■参考■参考:帝国データバンク|「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)|

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190301.html