タグ別アーカイブ: 特許庁

「ASEAN知財動向報告会」 横断的な最新情報を提供

ジェトロ知的財産課ではASEANにおける最新の知財動向をご紹介するため、同エリアの知財動向報告会を開催する。ASEANの横断的な最新情報を解説しながら、権利化状況や模倣対策についての理解を深め必要性を認識してもらうことが狙い。概要は以下の通り。 続きを読む

ひな形とガイドライン作成 知財評価活用のため―特許庁

特許庁は、地域経済や地域を牽引する中小企業を支える金融機関向けに、知財ビジネス評価書のひな形とガイドラインを作成。知財の観点による事業性評価に活用し、経営支援の提案や融資等に役立てるよう促した。 続きを読む

経営層と知財部門の対話が重要 特許庁、実践事例集公開

特許庁は、知的財産・無形資産を活用した経営戦略により企業価値向上に取り組んでいる国内企業の実践事例をヒアリング調査、同調査において特に経営層と知財部門との間のコミュニケーションに着目してまとめた事例集を公開した。 続きを読む

意匠権にCファンディング支援 特許庁が登録事例集

特許庁はこのほど、事例集「クラウドファインディングと意匠権」を発表、クラウドファンディングを活用した意匠登録の具体例を示し、更なる活用を呼び掛けている。活用事例は6件、概要は以下の通り。 続きを読む

知財活用促進へINPIT参画 中小企業・スタートアップ

特許庁・独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT=インピット)が中小企業庁と合同で「中小企業・スタートアップの知財活用アクションプラン」を策定した。 続きを読む

意匠登録出願動向を初公表 改正法に基づく新保護対象等

特許庁は、改正意匠法に基づく新たな保護対象等についての意匠登録出願動向(3年11月1日時点で取得可能なもののみ)を初めて公表した。 続きを読む

最先端分野の技術テーマを調査 スマート農業など―特許出願

特許庁は、将来の市場創出・拡大が見込める最先端分野である「機械翻訳」「スマート農業」「MaaS~自動運転関連技術からの分析~」「プラスチック資源循環」など7つの技術テーマについて特許情報等を調査・分析した報告書をまとめた。その一部を紹介する。 続きを読む

新事業創造に資する知財戦略 共創に対応―特許庁が事例集

特許庁は、経営層・新事業開発・知的財産それぞれの立場の「悩みや課題」、経営環境の変化に対応した知財活動の実践、その中での気づきやいわゆる失敗事例を取り上げた事例集「新事業創造に資する知財戦略事例集~『共創の知財戦略』実践に向けた取り組みと課題~」を公開した。 続きを読む

地域団体商標制度をPR カタログや最新事例を紹介

特許庁が2006年に創設した「地域団体商標制度」は、地域の魅力あふれる名物のブランド力の向上と模倣品対策を目的として、2020年12月末時点まで699件が登録されている。同庁はこのほど、地域団体商標制度の概要、制度に関する支援策、登録されている地域団体商標の概要を写真と共に紹介する「地域団体商標ガイドブック~カタログ編~」を発行した。 続きを読む