日本企業輸出先、アジアトップ 国・地域では中国が首位


帝国データバンクはこのほど、「2019年の日本企業の輸出先調査」結果を発表した。それによると、輸出地域として最も割合が高かったのは「アジア」で、80.3%だった。以下、「北米」(26.7%)、「欧州」(19.6%)、「中東」(3.4%)、「大洋州」(3.3%)、「中南米」(3.1%)の順で、最も低かったのは「アフリカ」(1.5%)だった。

国・地域別では、「中国」が33.8%最も多かった。以下、「米国」(25.8%)、「韓国」(20.2%)、「台湾」(18.0%)、「タイ」(12.3%)などが続いている。上位20のうち、アジアの国・地域は11に上っている。この調査は1万2045社を対象に分析・集計。2カ国以上の複数国・地域への輸出が判明した企業は42.5%を占めた。このうち、輸出先国・地域の組み合わせでは、上位20通りのうち、10通りで「米国」が、8通りで「中国」がそれぞれ占め、米中両国を中心に輸出事業を展開していた。

輸出先国・地域の組み合わせで最も多いのは「中国・香港」(3.2%)、次いで、「中国・台湾」(3.1%)、「韓国・台湾」(3・0%)などが続き、上位はいずれもアジア地域を中心に輸出事業を展開している。

■参考:帝国データバンク|2019年日本企業の輸出先調査・輸出先、「アジア」が約8割を占め首位~輸出先国・地域別は「中国」・「米国」・「韓国」の順 ~|

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190805.html