タグ別アーカイブ: 企業会計基準委員会(ASBJ)

LIBOR停止後も ヘッジ会計の継続が可能

企業会計基準委員会(ASBJ)は9月29日、実務対応報告第40号 「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」を公開草案から一部修正した上で公表した(公表日以後から適用可能)。 続きを読む

検針日基準の要否を検討へ 電事連、収益認識の見積り困難

企業会計基準委員会(ASBJ)は電気事業連合会からの提起を踏まえ、収益認識会計基準等における代替的な取扱いとして検針日基準の適用を認めるか否かの検討に入った。 続きを読む

収益認識、連単で同一の基準に 一定の実務の簡素化も

企業会計基準委員会(ASBJ)は平成29年6月を目途に収益認識に関する包括的な会計基準の公開草案を公表する予定だが、焦点となっていた個別財務諸表の取扱いについては連結財務諸表と同一の基準とする方針であることがわかった。 続きを読む

マイナス金利の取扱い ゼロでもマイナスの利回りでも

企業会計基準委員会(ASBJ)は、実務対応報告の公開草案となる「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い(案)」を決定した。平成3月3日まで意見募集し、3月末までには正式決定する。 続きを読む

ASBJ、修正国際基準を公表 平成28年3月期から適用可能

企業会計基準委員会(ASBJ)は6月30日、「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」を公表した。昨年7月31日に公表した公開草案からは大きな内容の変更はない。 続きを読む