カテゴリー別アーカイブ: 六次化

地域団体商標制度をPR カタログや最新事例を紹介

特許庁が2006年に創設した「地域団体商標制度」は、地域の魅力あふれる名物のブランド力の向上と模倣品対策を目的として、2020年12月末時点まで699件が登録されている。同庁はこのほど、地域団体商標制度の概要、制度に関する支援策、登録されている地域団体商標の概要を写真と共に紹介する「地域団体商標ガイドブック~カタログ編~」を発行した。 続きを読む

農林水産関連の産学官連携事業 ポスターセッションを開催

農林水産省が推進する『「知」の集積と活用の場® 産学官連携協議会』が、11月19日(木)~11月25日(水)に、特設ウェブサイトにて令和2年度ポスターセッションを開催する。 続きを読む

アグリビジネスフェア2020 約120機関の出展で技術交流

農林水産省は、この11月11日(水)~13日(金)の3日間、農林水産・食品産業分野の技術交流展示会「アグリビジネス創出フェア2020」をオンラインで開催する。 続きを読む

オンラインで販路拡大サポート 国産農水産物支援-日本公庫

 

日本政策金融公庫は、11月2日(月)から、展示商談サイト「アグリフードEXPOオンライン」を開設し、国産農水産物のオンライン展示と商談成約に向けたコンシェルジュサービスを開始する。 続きを読む

需給調整事業における野菜 無償提供に係る費用は損金可

供給過剰になった野菜について、円滑な出荷量の調整と価格の安定化を図るためフードバンク等の福祉団体への無償提供の仕組みを設けている農林水産省生産局から、事前照会があった。 続きを読む

女性農業者を特集で取り上げる 食料・農業・農村白書―農水省

農林水産省は元年度食料・農業・農村白書をまとめ、閣議決定を受けた。白書は冒頭に「新たな食料・農業・農村基本計画」「輝きを増す女性農業者」の2テーマを掲載。新たな基本計画は3月に策定され、今後の農政の中長期ビジョンとなる。女性農業者を特集で取り上げたのは初めて。 続きを読む

農業支援で情報提供本格化 パンフレット作成―農水省

農林水産省は次世代型農業支援サービスの育成・創出に向けた施策の一環として、ウェブサイトでの情報提供に加え「農業支援サービス関連施策パンレット」を作成した。 続きを読む

食産業の海外展開を加速 GFVチェーン新プラン策定

農林水産省は26年策定の「グローバル・フードバリューチェーン戦略」(GFVC)に基づき海外展開に意欲のある民間企業を主なメンバーとする「GFVC推進官民協議会」を設置、 続きを読む

有休農地面積、700ha減少 平成30年―農水省調査

農林水産省は、農地法に基づく遊休農地に関する措置の平成30年実施状況に関する調査結果を公表。有休農地の面積が前年から705ヘクタール減り9万7,814ヘクタールだと確認した。 続きを読む

Weeklyコラム 親の後を継がない

事業の承継問題は、政府や民間が真剣に取組んで一部で明るさが見えて来た。しかし、商店や農家の後継者不在はますます深刻になりつつあるようだ。 続きを読む