カテゴリー別アーカイブ: 金融

銀行が受け皿ファンド創設 後継者難の中小企業の廃業防止

新型コロナウイルス禍は、後継者難に悩んでいる中小企業の経営者が廃業を決断する引き金となりかねないとの懸念が高まっているが、事業の引き受け手がいない中小企業の廃業を防ぐため、銀行自ら受け皿ファンドを創設する動きが出始めた。 続きを読む

時価がなく解約不能の投資信託 基準価格での時価を容認へ

企業会計基準委員会は投資信託の時価の算定に関する取扱いの検討を開始しているが、市場価格が存在せず、時価算定日における基準価格で解約できない投資信託も実務上の便法として基準価格を基礎として時価を算定することを容認する方向だ。 続きを読む

「顧客本位の原則」を見直す 取りまとめ作業続く―金融庁

金融庁金融審議会の市場ワーキング・グループで「顧客本位の業務運営と超高齢社会における金融業務のあり方」についての取りまとめ作業が続いている。 続きを読む

公正処理基準に従うものでない 受領日の属す年度の益金減額

破産した消費者金融会社クラヴィスの7~17年の各事業年度に支払いを受けた制限超過利息等(制限利率を超えて支払われた利息と遅延損害金)についての不当利得返還請求権に係る破産債権が破産手続きで確定。 続きを読む

コロナ禍の四半期開示で留意点 金融庁、レビューの一環で確認

金融庁は7月1日、企業会計基準委員会が6月26日に更新した議事概要を踏まえ、「四半期報告書における新型コロナウイルス感染症の影響に関する企業情報の開示について」を公表した。 続きを読む

税金と債権回収の対立で法廷へ 国税がメガバンクを訴える

報道によると、免税店運営会社T社(東京・千代田)は、金製品を訪日外国人に販売したとして、2016年~17年、仕入れ時に負担した消費税約88億円の還付を申告した。 続きを読む

金融経済と資産形成の未来 シンポジウム開催-金融庁

金融庁では、コロナウイルス感染症の影響等、様々な社会の変化も踏まえつつ、これまでの成果や今後の課題について議論し、広く発信することを目的として、オンラインシンポジウムを開催する。 続きを読む

新型コロナ対策第二次補正予算 資金繰り対策や家賃支援給付等

政府は新型コロナウイルス感染症対策の更なる強化に向けた、第2次補正予算を閣議決定した。 続きを読む