カテゴリー別アーカイブ: Weeklyコラム

Weeklyコラム 喉元過ぎれば

「喉元(のどもと)過ぎれば熱さ忘れる」と言うが、過去にどんなつらい事があっても過ぎてしまえば、大抵の人々は忘れてしまうものかもしれない。関東の中核都市にあるX商店街(約50店)は、30年程前から賑わい感がなくなり、後継者のいる店舗が少なくて店舗数が半減してしまった。 続きを読む

Weeklyコラム 倹約経営による改善

人の経済と鳥獣のそれの違いは、今日獲った物を明日に譲り、今年獲った物を来年に譲れるかである。企業であれば、今日の儲けを明日以降の為に使い、今年の儲けを来年以降の為に使えるかどうかである。 続きを読む

Weeklyコラム 大切な経営姿勢

かつて、教育者・哲学者の森信三先生が立腰教育(姿勢を良くする教育)を唱えた事がある。子供たちは、姿勢を正しくする事によって、健康や学業成績が良くなったり、素行が改善したりする等というものである。 続きを読む

Weeklyコラム 身元保証人の必要性

毎年就職シーズンになると、親戚や友人から身元保証人の依頼が舞い込む。借入金等の保証は大抵断る。しかし、身元保証は断ることなく(又は断れない)、過去に受けた義理人情を思い出しながら署名捺印する。 続きを読む

Weeklyコラム 介護サービスの従業員

介護サービスの従業員は、若年者が望ましいのか、それともシニア(一般に60歳以上)が望ましいのか。最近、各種介護施設の働き方についての調査を経験したが、ほとんどの施設でシニア従業員が多数活躍していた。 続きを読む

Weeklyコラム 親の後を継がない

事業の承継問題は、政府や民間が真剣に取組んで一部で明るさが見えて来た。しかし、商店や農家の後継者不在はますます深刻になりつつあるようだ。 続きを読む

Weeklyコラム 柳は緑、花は紅

「柳は緑、花は紅(くれない)」元々は禅宗から出た言葉とされ、物事は様々という意味である。植物であれば、薬になる草、毒になる草、食用になる草、とそれぞれの性質や働きは千差万別であり、しかも自然界では一体となっている。 続きを読む