失敗しない外国人活用に向けて 技能実習生受け入れセミナー


東京商工リサーチ調査では、「人手不足倒産」が2019年1月から7月まで227件と過去最悪のペースとなっています。

外国人受け入れがクローズアップされていますが、特に製造業や食品加工、飲食等が実習生を採用する際に、依頼先の組合等の信頼度をどう図るが課題となります。国際間の契約だけにトラブルの発生は大きなリスクになります。

今回(株)JPBMがご紹介する「協同組合東京人材開発センター」は送出機関と提携する管理団体として前制度から足掛け17年におよぶサポート業務を行っております。提携先の「つばき人材育成(有)」はベトナム・ホーチミン市にある送出機関で、以下のような特色を持っています。(1)企業様との面接の前に1カ月~2か月の事前教育の実施(2)日本語能力N4相当を目標に、面接後4カ月~6カ月の教育を実施。充実した日本語教育により、日本の企業で不安なく就業できる環境作りを心掛けます。

今回、上記2社の代表を招いて、「外国人活用で失敗しないセミナー」を開催します(概要は下段インフォメーション参照)。「この作業は技能実習ができる?」「費用は?」「今の組合が不安なんだけど」と思われる方等、現場の生々しい情報収集の機会として是非ご活用ください。

■参考:(株)JPBM|外国人活用で失敗しないセミナー|

http://www.jpbm.or.jp/whatsnew/honbu/file/file598.pdf