産業復興の早期実現に向け 重点分野に補助金-経産省


経済産業省は、福島イノベーション・コースト構想に係る重点分野の実用化開発等の費用を一部補助する「地域復興実用化開発等促進事業(一次公募)」の募集を行っている。当該構想は、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、当該地域の新たな産業基盤の構築を目指すもの。各分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組む。募集概要は次のとおり。

【募集期間】2月8日(金)~3月15日(金)※新規案件は3月25日(月)まで。【分野(重点分野)】ロボット、エネルギー、環境・リサイクル、農林水産業、環境回復、医学(医療機器等)又は廃炉・汚染水対策など放射線分野等。【地域】いわき市、相馬市、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村【内容】研究開発や実証など実用化・事業化に向けた取組。【対象者】○地元企業等、大学、研究所、団体等○地元企業等と連携して実施する企業【補助率】○中小企業は対象経費の2/3【上限額】1事業計画あたり7億円【対象経費】○直接経費(施設工事費、機械設備費、人件費、材料費等)。○間接経費(直接経費の5%以下)

■参考:経済産業省|平成31年度「地域復興実用化開発等促進事業費補助金」の第一次公募を開始します|

http://www.meti.go.jp/press/2018/02/20190212001/20190212001.html