JPBM事業承継特別研修 現状の節税スキームを検証


JPBM特別研修東京開催が来月9日に迫りました。JPBM顧問・筑波大学名誉教授の品川芳宣氏より、「中間報告」を軸とした非上場株式に係る事業承継税制の現状と課題・問題点をテーマに、制度改正(緩和)を踏まえた税制の論点と今後の方向性を基調講義いただきます。また、後半は公認会計士・税理士で検討会メンバーの後宏治氏より、実体験も踏まえながら事業承継対策スキームの中で、とりわけ検討が必要と思われるテーマを選び、その活用リスクとメリットを研修します。(・一般社団・財団スキーム・種類株スキーム・信託スキーム・組織再編スキーム・M&Aスキーム等。

最後に両名のディスカッションとして、(1)財産評価基本通達の問題点と実務への影響(2)最近の節税スキームの落とし穴、について縦横に語っていただきます。また、最後に会場からの質疑応答も予定しています。事業承継見直し中間報告を契機として、専門家責任を果たすための知っておかなければならない事業承継実務の最前線を深堀りし、広範囲な視座で検討を加えます。是非ご活用ください。

○開催概要:9月9日(火)13:30~17:00 中央大学駿河台記念館670号室 受講料3,000円(会員価格・税別)。