民間給与実態調査を公表 電気・ガス・水道業等がトップ』


国税庁はこのほど、平成28年分民間給与実態統計調査結果を公表した。事業所の源泉徴収義務者数は352万件で、前年より微減。給与所得者数は5,744万人で、前年より98万人増加。民間の事業所が支払った給与の総額は207兆8,655億円で、前年から3兆846億円増加。所得税額は9兆4,230億円で、前年より4,332億円(4.8%)増加した。

給与所得者数は4,869万人で、前年に比べ1.6%増加。男性2,862万人、女性2,007万人で、前年比増加率は女性が男性の2倍以上となった。正規・非正規については正規3,182万人、非正規1,155万人で、正規1.3%増加、非正規2.8%増加となった。給与総額は205兆2,992億円で、前年比1.9%の増加。男女別では前年比男性1.2%、女性3.7%の増加となった。

平均給与は422万円、前年に比べて0.3%増加。男性521万円、女性280万円。正規・非正規は、正規487万円、非正規172万円で、前年から微増となった。業種別にみると、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の769万円、次いで「金融業,保険業」の626万円となっており、最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の234万円となった。

■参考:国税庁|平成28年分民間給与実態統計調査結果について|

http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2017/minkan/index.htm