ミャンマー投資カンファレンス 最新の方針・政策等説明


ジェトロは、「第2回ミャンマー投資カンファレンス」を開催する。ミャンマーは、「ミャンマー持続可能な開発プラン(2018~2030)」の下、各種のインフラ整備や規制緩和、外資誘致に向けた施策を実行している。

アウンサンスーチー国家最高顧問が昨年10月、日本の投資家に約束した経済改革への取組みは着実に実行され、日系企業のビジネスも大きな進展を見せている。本カンファレンスでは、ミャンマー政府経済閣僚から直接、最新のミャンマーの経済・投資政策を説明すると共に、ミャンマー進出日系企業から見たミャンマーのビジネス環境やポテンシャルなどについて報告・議論する予定。

【日時】10月21日(月)14:00~16:30※会場は受講票にて案内【プログラム】◎基調講演「日緬両国の信頼とより一層の経済緊密化に向けて」アウン・サン・スー・チー閣下(予定)◎講演「ミャンマーの経済・投資政策と日本企業へ期待」「ジェトロ報告 最新の投資動向とミャンマーの投資環境」◎報告及びパネルディスカッション「ミャンマー進出日系企業から見たミャンマーの魅力とポテンシャル」 【主催】ジェトロ【共催】駐日ミャンマー連邦共和国大使館 【参加費】無料【定員】600名【言語】日・英(同時通訳)

■参考:ジェトロ|第2回ミャンマー投資カンファレンス ―日緬のより一層の経済緊密化に向けて― |

https://www.jetro.go.jp/events/bda/de7a384e355762ea.html