第34回全国大会盛況に開催 適者生存に向けた実務研修満載


去る7月18日(木)、19日(金)の両日、第34回全国大会・全国統一研修会がお陰様で盛大に開催されました。

今回は「新・適者生存」をスローガンに、経営支援の視点で、特色ある活動を展開する専門家が「事業承継」「再生・再建」「経営管理」のテーマで各取組を研修(統一研修会PartⅠ第1部)。また、同第2部では、(株)DSCの事業支援の展開および、ベンチャー企業における会員専門家との連携を通じたビジネスモデルへの連携提案(食や観光のエンターテイメント、サイバーセキュリティ等)が行われ、大きな反響をいただきました。また統一研修会PartⅢでは、顧客支援サービスとして、経営管理システムの活用、資金調達、資産運用、新エネルギー等の提案がなされました。第23回全国提案力コンテストでは、受益権の複層化等を活かした信託活用等のテーマが盛り込まれ、熱のこもった提案プレゼンテーションが展開されました。

さらに統一研修会PartⅡでは、医療法人制度を巡る多角的な課題と実務対応を、医政局医療経営支援課担当官も含め5名のシンポジストから具体的発表が行われました。今後随時OSSにアップ致します。また具体的なサービスの提供・研修および取り組みへの参画等、随時ご案内いたします。

■参考:JPBM|2019JPBM全国大会|

http://conv.jpbm.or.jp/