社長の平均年齢59.7歳 不動産業は61.7歳で最高


帝国データバンクが発表した「2019年の全国社長年齢分析」結果によると、社長の平均年齢は59.7歳(前年比プラス0.2歳)で、過去最高を更新した。社長の平均年齢を業種別に見ると、他業種と比べ70代と80歳以上の割合が高い不動産業が61.7歳で、最も高い。以下、製造業(61.1歳)、卸売業(60.7歳)などが続いている。一方、他業種と比べ30代以下の割合が高いサービス業が58.2歳で最も低い。(19年1月実施)

業種細分類別に見ると、最も高かったのは貸事務所業で65.7歳。このほか、平均年齢が高いのはゴルフ場経営(65.6歳)、土地賃貸(65.6歳)などだ。平均年齢が最も低かったのは通信付帯サービスで48.2歳。社長生年の元号別に見ると、大正生まれの社長では貸事務所業などの不動産業、昭和生まれでは土木工事などの建設業が上位。平成生まれの社長ではソフト受託開発や経営コンサルタントなどのサービス業が目立った。

都道府県別に見ると、最も平均年齢が高かったのは岩手県と秋田県で61.7歳。全国平均を2歳上回った。このほか、青森県(61.3歳)、山形県(61.0歳)など東北地方が上位を占めた。一方、平均年齢が最も低かったのは三重県で58.5歳だった。

■参考:帝国データバンク|全国社長年齢分析(2019年)社長の平均年齢、59.7歳
~ 昭和生まれ社長は建設業、平成生まれ社長はサービス業に多い ~|

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190110.html