JPBMメニュー
協会概要
アクセス
会員ホームページ
PRESS
会員支援ツール
採用情報
株式会社JPBM
JPBM地域会
PHAROS
JPBM全国大会
JPBM 会員専用サイト
ログイン
JPBM Open Sky School
ログイン
JPBM OSS 受講のご案内
OSS 受講のご案内
FAQ(よくお寄せ頂く質問)
JPBMビジネス連携NET
連携機関・企業
E-経営シリーズ
Top
成長支援・海外展開

経営者の皆様へ - 成長支援・海外展開

経営管理会計
●経営管理会計とは何でしょうか。
 経営管理会計とは、企業経営を経営者の「意思」にそって上手く行っていくための「体系的なシステム(制度)」とそ
の「活用ノウハウ」の総称です。
企業の「理念」「ビジョン」そして「戦略」「目標・方針」は、言葉で語られ文章にされます。いわば“国語”の世界で
すが、その一切は“数値”に置き換えられます。経営上のあらゆる事象を「数値化」「計数化」することで、事実に「正
確性」「客観性」を与えること、つまり“国語”と“算数”が一致する瞬間が、経営管理会計の真髄なのです。

○企業経営者とは何か。それは、経営管理会計を理解し志向することで、近代経営に踏み込んでいき、その世界観の
中で経営を執行する経営者です。「家業」はベースであり、「実業」はスタートですが、「近代経営」は継続経営の原点
です。何か矛盾しているような言葉ですが、その意味を考えてみてください。

●“経営とは芸術であり、経営とは科学である”と考えます。つまり、勘と経験と度胸の限界から、先進経済の経営の論
理に目覚めてほしいのです。経営管理会計が人材を育て、経営管理会計が事業を峻別します。大半の事業経営者は
情実や感覚、人間関係で、組織を潰したり人を移動させたりしています。経営管理会計は、組織別に独立採算制度を
導入し、そこに組織別に権限を移譲し、組織別に自由な母体を作っていくことです。経営管理会計が組織的全体経営、さ
らに全員参加経営だと謳っているわけです。それで人は活性化し、組織は活性化し、挑戦化するというメカニズムが生ま
れます。これは例を挙げたらきりがありません。

○常に成長軌道の組織に脱皮するために、まずは経営者の意識改革と、経営管理会計の理解と導入・実践が大きな
契機になります。貴社の現実を見つめ直し、近代経営志向にパラダイム変換しませんか。

2010年7月22日、23日開催の第25回全国統一研修会の「経営管理会計」に関する内容については
こちら

「経営管理会計」ノウハウの概要に関する内容については
こちら



海外展開支援
●現在、国内市場は、内人口の減少、大手企業の海外進出等、見通しの立て辛い環境になっております。
アジア市場はJAPANブランドの強さや、ASEAN諸国の順調な経済成長を受け、海外を目指す経営者が増加して
おります。ただし、人件費の安さから工場を集めて経済発展を遂げ巨大市場になった分、バブル経済リスクも増加。
反政府デモや反日デモが起きると経済関係が物理的・心理的に一時停止してしまう、といった変化の激しいアジア各国
のりカントリーリスクを抱えています。

●そんな環境を踏まえ、国側が中小企業に向けて海外進出を積極的に後押ししております。ただし、いざ中小企業が
個別具体的な相談を行おうとすると、海外進出支援で実績ある大手会計事務所は、対象がほぼ大手企業で高価格となり、
中小企業が安心して利用できる現地の専門家インフラは整っていないのが現状です。
的確な専門家支援が求められており、JPBMでは、JPBM本部および個々の会員が進めていた海外展開支援について具体的
な支援スキームと情報共有が行える場を用意しております。

*JPBMの海外支援スキームの概要については
こちら

※お問い合わせ先:JPBM本部事務局 TEL03-3253-4711 担当:山形、松本