日本版MaaS選考モデル事業 19を選定、15事業スタート


国土交通省はこのほど、「新モビリティサービス推進事業」で選定した19事業について、第1弾として15事業に対し交付決定を行った。

同省は、日本版MaaSの実現に向けて、引き続きこれらの取組を支援していく方針だ。MaaSとは、ICTを活用して交通をクラウド化し、マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念といわれる。選定された「先行モデル事業」(一部)は以下の通り。

【大都市近郊型・地方都市型】・顔認証やアプリを活用するキャンパスMaaS 及び医療MaaS実証実験(茨城県つくば市)・社会実装に向けた前橋版MaaSの実証(群馬県前橋市)・神奈川県における郊外・観光一体型MaaS実証実験(神奈川県川崎市・箱根町)他【地方郊外・過疎地型】・相楽東部地域公共交通再編事業(京都府南山城村)・定額タクシーを中心とした過疎地型Rural MaaS 実証実験(島根県大田市)他【観光地型】・会津Samurai MaaSプロジェクト(福島県会津若松市)・志摩地域観光型MaaS実証実験(三重県志摩地域)・大津市中心市街地及び比叡山周辺の活性化を目指した大津市版MaaS実証実験(滋賀県大津市)他

■参考:国土交通省|日本版MaaS の実現に向けてモデル事業の実証実験がスタート!~先行モデル事業を交付決定(第1弾)~|

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo12_hh_000152.html