日産取引先、国内で3658社 都道府県別トップは東京


帝国データバンクが発表した「日産自動車グループの取引先企業実態調査」結果によると、日産や主要子会社と取引がある国内企業は3658社に上ることが明らかになった。

日産の前会長だったカルロス・ゴーン氏の逮捕は「国内外におけるグループの経営や体制に大きな打撃となることに加え、ブランド力が低下し、販売が落ち込めば、サプライチェーン(部品の調達・供給網)への影響は必至だ」と同社は指摘している。都道府県別に見ると、東京都が1264社でトップ。以下、生産拠点がある神奈川県の722社、愛知県の256社、大阪府の223社、静岡県の199社、埼玉県の115社、福岡県の100社が続いている。業種別では仕入先・下請先企業では、「自動車部分品製造」が102社で最も多い。以下、「ソフト受託開発」(85社)、「産業用電気機器卸」(81社)などの順。

販売先企業では「自動車(新車)小売」が172社でトップ。「乗用旅客自動車運送」の127社、「自動車一般整備」の110社、「自動車部品付属品卸」の102社が続く。年商規模別に見ると、「1億~10億未満」が1444社でトップ。「1億円未満」(353社)と合わせて、全体の49.1%は年商規模10億円に満たない中小企業だった。