改正建築基準法6月27日公布 主要都市4カ所にて説明会


国土交通省は、6月27日公布された「建築基準法の一部を改正する法律」に関する説明会を7月23日より全国主要都市4カ所にて開催する。

改正建築基準法は、最近の大規模火災をめぐる状況や防火関連の技術開発をめぐる状況等を踏まえ、建築物・市街地の安全性の確保、既存建築ストックの活用、木造建築物の整備の推進の3点を改正の柱とする。  特に、空き家等を福祉施設・商業施設等に用途変更する際に、建築確認が必要となる規模を見直し等行い、大規模な改修工事を不要とするとともに、手続を合理化し既存建築ストックの利活用を促進させる。また既存建築ストックの多様な形での利活用の促進などが盛り込まれている。国土交通省では、今回の法改正の内容全般に加えて、公布後3ヶ月以内に施行する改正内容に関連する政省令等の内容の周知を行うため、今回の説明会(第1弾)」を行うもの。開催日程等は以下の通り。

○7月23日(月)砂防会館別館(東京都千代田区)13:30 ~16:00(時間は以下同)○7月25日(水)グランキューブ大阪(大阪府大阪市)○7月26日(木)名古屋サンスカイルーム(愛知県名古屋市)○7月31日(火)福岡県自治会館(福岡県福岡市)

■参考:国土交通省|改正建築基準法の内容を国土交通省担当官が説明します
~改正建築基準法に関する説明会(第1弾)、本日より参加申込の受付開始~|

http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000733.html