JPBM中小企業M&Aの実務 協会ネットワークで案件対応


既報通りJPBMでは、会員専門家による中小企業のM&Aを、会員相互の情報ネットワークにより案件対応する取り組みをスタートします。その内容や手続き等を共有するため、2週に分けて研修(説明会)を行います。

第1回目は11月6日(月)10:30~12:00。講師は会員で公認会計士の渡邊芳樹氏。(1)事業承継を取り巻く環境(2)主な事業承継手法(3)M&Aスキーム(4)M&Aの進め方(5)M&Aを活用した承継手続を解説します。実際の実務情報も織り交ぜながら、事業譲渡や会社分割も踏まえた各手法のメリット・デメリット等を研修します。また、M&Aの具体的事例を取り上げ、○FA業務委託契約書○Information Memorandum○株式価値試算結果○秘密保持契約書○基本合意書「基本合意書に対する回答」に対して○打ち合せ資料○株式譲渡承認請求○その他各種書面、議事録等、資料として取り扱います。

当日は会場参加のほか、Jシェアのストリーミング配信(安定したネット環境があれば事務所PCにて視聴いただけます)も行いますので、地域の会員様もぜひご活用ください。第2回目は11月16日(木)14:00~15:30。より具体的なM&A対応策を研修します。

■参考:JPBM|専門家による中小企業M&Aの実務|

http://www.jpbm.or.jp/whatsnew/honbu/file/file448.pdf