ASEAN人材活用で海外進出 フォーラムにて事例研修


ASEANでの人材活用についてのファーラムが開催される。多くの中小・中堅企業が、社内の海外事業要員不足の解決策として、ASEAN人材を事業の中核に活用し始めている。事業承継や技術の継承の際の海外展開でも事例が出て来ている。今回のフォーラムは、ASEANからの留学生・実習生とともにベトナムに工場進出した社長自らの事例や、前職で長く実習生受け入れの制度・実務を行ってきた大学准教授、自ら実習生として来日し、帰国後その会社のベトナム法人を管理している事例を発表する。開催概要は以下の通り。

【日時】2017年8月23日(水)14:00-17:00 【会場】東京:ベルサール神保町アネックス【講義】1.「留学生、実習生と共に作る日本とベトナムの未来」2.「ASEANからの実習生受け入れの仕組みと課題、制度改正のポイント」3.「日本企業とともに海外進出したASEAN元実習生の体験談」4.「ASEAN実習生・留学生と共に行う企業の海外展開と事業継承」-何が重要か、成功・失敗の原因は何か-【主催】国際機関日本アセアンセンター(共催)モノづくり日本会議(後援)日本貿易振興機構(ジェトロ)、中小企業基盤整備機構 【定員】250人【言語】日本語【参加費】無料