JPBM第3回民事信託検討会 事例およびスキームの検討


(株)JPBMでは来年1月21日に第3回民事信託検討会を開催します。相続のディテールとして民事信託の検討は避けて通れない状況になっています。ただし提案の選択肢の一つとするならば信託が体系的にどの局面で活かされるか、税法や会社法の中での位置づけはどうか等、難しい点や課題の整理が必要です。

検討会では、上記のような論点整理をしながら、例えば○不動産を多く持っている○まだ元気だが今後痴呆等が懸念される○亡くなるまで財産が凍結されてしまう、等のモデルケースを実務のパターン化を目指し検討していきます。第2回開催時では、参加会員から出された事例(相続不動産の親族外流出の防止、不動産管理会社と種類株の活用、信託の活用等)を基に、参加した各士業会員および連携企業より活発な意見交流が行われました。また、参考情報のシェアや参画メンバーの意見交換の場としてメーリングリストを設置しました。今後の活発な活用が期待されます。

第3回目も引き続き、信託活用をめぐる課題の論点整理と、個別事例の検討を中心に行います。是非ご活用ください。【日時】1月21日(木)15:00~17:00【会場】三井住友信託銀行本店会議室【参加費】無料