民事信託検討会開催 企業との連携でスキーム開発


さる9月28日(月)三井住友信託銀行本店会議室にて「第1回民事信託検討会」が開催されました。JPBM全国統一研修会PartⅠにおいては、民事信託に関する事例満載のパネルディスカッションで大きな反響をいただきました(OSS会員研修配信中)。民事信託に対する意識の高まりを捉え、JPBMでは実務支援を一層強化します。

その一環として、まずは実務スキルを集中して修得できる会員税理士の石垣雄一郎氏講師による2日間集中講座(10月29日・30日)を企画。信託実務全般から顧客に納得いただく提案トークを身につけます。

さらに会員とパートナー企業が合同で、「民事信託検討会」を開催。税務・法務サイドからの検証、企業の最前線に直結したスキーム開発を目指します。第1回目は、会員弁護士、司法書士および三井住友信託銀行、㈱サンセイランディック、野村不動産アーバンネット㈱の参画を得て、成年後見との対比、高齢者所有不動産の対策、遺言と民事信託の併用、遺留分の問題等が議論されました。次回以降引き続き論点と課題を検証し、企業からの事例に当てはめた実務活用とスキームの検討を進めます。第2回は11月10日15:00~同会場にて開催予定。是非ご参画ください。