OSS会員研修新規掲載 全国統一研修会【信託・医業】


JPBM OSS会員研修の新規登録として先般好評をいただきました【1】「第30回全国統一研修会PartⅠ:「相続・事業承継の必須提案に!ケーススタディ・信託活用の実務」および【2】PartⅡ「地域医療連携推進法人制度と医療法人制度改革、今後の展開」が配信スタートしました。

【1】では基調講演としてJPBM会員で税理士の石垣雄一郎氏より、民事信託の要点・論点から事例紹介等、2部のパネルディスカッションでは石垣税理士、弁護士 権藤健一氏、税理士 親泊伸明氏にて豊富な事例紹介による信託活用と、いかに顧客にアプローチするか、密度の濃い討論が行われました。

【2】では基調講演を厚生労働省医政局医療経営支援課医療法人指導官の黒田泰弘氏より、地域医療構想全体を俯瞰しながら医療行政の方向性をわかりやすく解説、シンポジウムでは医業経営部会部会長の松田紘一郎座長のコーディネートで、黒田泰弘氏、現在民間ベースで類似の地域医療連携を展開する医療法人社団嬉泉会理事長の須藤祐司氏、JPBM会員で弁護士の高須和之氏より、それぞれの立場から現状の動向と課題、懸念される制度概要の検証等情報共有しております。

いずれも充実かつ先端の情報となり、奮ってご活用ください。